LASIKレーシックの適正診断

レーシックの適性診断

ほとんどの方に適応できるレーシックですが、手術に適さない時期や状態があります。
眼病等の場合は先にその治療をし、レーシック以外の矯正方法があればそちらをご紹介します。
例えば、フラップの形成に問題があればPRK手術やコンタクトレンズによる近視矯正「オルソ・ケラトロジー」という方法もあります。

年齢

20歳未満
一般的に、視力が安定するのは20歳以上。視力が不安定な時期に手術した場合、手術が無駄になってしまうことがあります。
ご高齢者
加齢により発症する白内障の手術は、同時に近視を改善させることができます。レーシックの手術が無駄にならないよう、よくご相談ください。

疾病

角膜の異常
角膜疾患のほか、長年コンタクトレンズを装用していた方に見られる角膜内皮細胞の減少、また角膜が薄い場合は、フラップをつくることが難しくなります。
眼の疾患
手術への支障や、術後の経過に影響を及ぼす恐れがある場合、また、何らかの疾患を起こす可能性がある場合は、手術を避けなくてはいけません。
膠原病・糖尿病など
疾病のために傷の治りが悪く、レーシック手術後の角膜の再生・治癒が遅いため、おすすめできません。

その他

趣味・職業
手術後の合併症や一時的な症状により、職務に従事不能となる職業、また、顔面や目に負傷する可能性がある激しいスポーツ等の趣味は危険を伴います。必ず事前にご相談ください。
妊娠・授乳期
術後等に使用する薬が胎児や乳幼児にどんな影響を及ぼすか解明されていないため、手術はできません。