LASIKレーシック

  • HOME
  • レーシックとは

レーシックとは

レーシックは痛みのないレーザー治療。
片眼約15分で、近視・乱視・遠視も回復。

レーシック手術とは点眼麻酔をしてから、まず、角膜表面を薄く削ってフラップ(フタ)を形成。
そこから角膜実質にレーザーを照射することで屈折率を変え、光が正常に焦点を結ぶように調節します。

レーシック手術の過程

レーシック手術とは点眼麻酔をしてから、まず、角膜表面を薄く削ってフラップ(フタ)を形成。
そこから角膜実質にレーザーを照射することで屈折率を変え、光が正常に焦点を結ぶように調節します。

受診からアフターケアまで

来院頂いたのち、次の流れで診察が進みます。

1.問診
目標視力を決定LASIKによる視力矯正は生涯に関わります。ご希望する視力とともに、普段の生活や ご職業・ご趣味などから総合的に考えて、患者様一人ひとりにとっての適切な視力を 決定します。
2.検査
LASIKの適性診断と矯正量の測定万全な手術のために、専門の検眼士が患者様の眼の状態をあらゆる点から検査。松原クリニックの高い技術力は検査の精密さと診断の正確さによるものです。
3.インフォームド・コンセント
レーシック手術のご理解検査をもとに手術のメリットだけでなくデメリットも説明。手術を断念される場合もあるかもしれませんが、患者様ご自身が人生にとって本当に必要だと判断することが大切であると考えています。
4.手術
片目わずか10分~15分 点眼麻酔の後、緑色の点を見つめているだけで終了。痛みもなく、手術の工程が見えることもありません。約30分ほどの休憩後、歩いて帰ることができます。
5.アフターケア
術後の経過を確認 手術後翌日、1週間後、1ヵ月後、2ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後の計7回の診察をします。